生産者について

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
株式会社アスリーの代表を務めます川谷です。
私どもの会社は、平成25年3月に創業したまだ若い会社です。

一般的にあまり馴染みのないたもぎ茸を何故、製造・販売するようになったか・・・そこからお話させていただきます。

たもぎ茸に出会ったきっかけは、進行性のガンを患った父の入院中です。
父の苦しむ姿を見て、少しでもその辛さを軽減できないかと、いろいろ調べていく中でたもぎ茸のことを知りました。
たもぎ茸は、北海道に自生するキノコですが、収穫期間が2~3ヶ月と短く、大変貴重なキノコです。もともとキノコは体に良いといわれていますが、その中でも、たもぎ茸の栄養価は群を抜いていました。
知れば知るほどそのパワーには驚かされました。
そして、『たもぎ茸で病気に苦しむ人を救える』と確信し、生産者が非常に少なく、幻のキノコといわれるたもぎ茸の製造を始めました。
たもぎ茸は、温度や湿度の管理がとても難しく、栽培には神経を使います。
さらに、排気ガス等の有害物質を吸収しやすいデリケートな一面ももっています。
当然、栽培する環境も大切です。
当社は、熊本県の南部、日本三急流のひとつ球磨川と貴重な動植物の宝庫・白髪岳を擁する球磨郡あさぎり町にあります。アスリーのたもぎ茸は、その自然豊かな田舎町で、きれいな水ときれいな空気の中、ストレスもなくすくすく育っています。

生活習慣病、精神的なストレス、深刻化する大気汚染など、現代人は常に健康への不安を抱えています。多くの皆様の、トラブルに負けない身体づくりのお手伝いをさせていただくため、スタッフ一同、真摯に業務に取り組んでおります。

皆様に健康であることの幸せを実感していただくこと。それが私たちの最大の願いです。